デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の沈着が原因

デリケートゾーンの黒ずみの原因
人によって多少差はあるのですが、デリケートゾーンの黒ずみが発生する可能性が高いのは、アジア人だと言われています。ただし、黒くなりやすいからと言って諦める必要はなく、しっかりと対策をすれば予防も改善も可能です。現在ではデリケートゾーンの黒ずみが発生してからでも対策ができるクリームも販売されています。

デリケートゾーンの黒ずみ対策としてメラニンのことを知る

デリケートゾーンの黒ずみを引き起こしている原因と言われているのがメラニン色素の沈着ですが、そもそもメラニンというのは何なのでしょうか。彼を知り、己を知れば百戦危うからずということわざがあるように、まずは黒ずみを引き起こす敵であるメラニンのことを知っておきましょう。そうすればデリケートゾーンのことで気にする必要もなくなります。
メラニンというのは色素そのものであり、人間だけではなくいろいろな動物、さらには植物などにも存在しています。よってメラニンを持っていない人間というのは存在しておらず、デリケートゾーンの黒ずみの原因となるメラニンを無くすということは不可能です。そこでメラニン色素が沈着しないような対策を行うことで、色が濃くなってしまう、色が変わってしまうというトラブルを防ぐことができるようになります。

メラニン自体は体を守るバリアー

デリケートゾーンの黒ずみを発生させてしまうメラニンは、体にとって有害であると思っている人もいるでしょうが、実は有害なのではなく、肌をダメージから守ってくれるバリアーのような存在なのです。では、メラニン色素が沈着してしまい、デリケートゾーンの黒ずみがなぜ発生するのかを考えてみましょう。発生する理由とは、
・摩擦
・日焼け
・肌の老化
・ホルモンバランスの乱れ
などが主な原因となっています。もちろん他にもいろいろな原因があるのですが、例えば若い人でもデリケートゾーンの黒ずみが発生する原因となるのが摩擦と日焼けです。
例えば肌がかゆくなり、あまり強くかくと赤くなります。それでも傷がつくほど強くかいてしまうと、傷が治ったときに黒くなってしまうことがあります。なぜならダメージから肌を守るためなのです。しかし、デリケートゾーンは他の部分に比べてかなり皮膚が薄くて敏感な場所なので、擦れてしまうだけでも黒ずみの原因となってしまうのです。次に日焼けですが、日に焼けると当然肌にダメージが蓄積されるので、このダメージから身を守るために黒くなります。そうしないとがんの原因やDNAの破壊などを起こしてしまうのです。

メラニンがなければトラブルが発生する

メラニンがなければ、肌のトラブルを防ぐことはできません。そのため、デリケートゾーンの黒ずみ自体は何も被害を受けることはないのです。ただ見た目が悪くなるというだけの話なのですが、男性はこのような女性の特徴にかなり敏感な傾向にあります。そのため、好きな男性と性交を行う場合に、女性はとてもデリケートゾーンの黒ずみを気にすると言えるでしょう。
このようにデリケートゾーンの黒ずみを発生させないためには、肌へのダメージがないように注意することが重要になります。主な方法としては、
・摩擦を減らす
・日焼けを防ぐ
・ホルモンバランスを整える
・新陳代謝をよくする
・正しい肌ケアを行う
などがあります。そうすることでメラニン色素の沈着が発生しなくなるので、結果いつまでもデリケートゾーンの黒ずみは発生しません。このようにメラニン色素とはどのようなものなのか、どのようにして防ぐことができるのかを知っておくことで、デリケートゾーンの黒ずみ対策が的確にできるようになるのです。

日本人はデリケートゾーンの黒ずみが発生しやすい


白人や黒人の外国人に比べて、黄色人種である日本人は、デリケートゾーンの黒ずみが発生しやすいと言われています。その理由としては、日本の気候も関係していると言えるでしょう。白人は比較的気温が低く、乾燥している地域の国に住んでいることが多いでしょう。逆に黒人は気温こそかなり高いものの、やはり乾燥している地域に住んでいることが多いですし、黒人の肌の色は最初から黒いので、強い日差しから肌を守れるようになっていると言えるでしょう。
中東や東南アジアの方に住んでいる人も、どちらかというと黒人の肌に近くなっていると言えます。しかし、黄色人種の中でも、日本人は比較的肌が白い方に分類されますし、高温な上にかなり湿度も高くなっています。湿度が高ければ汗をかくのですが、当然デリケートゾーンにも汗をかくでしょう。汗をかけば塩分が排出されるので、摩擦時に受けるダメージが大きくなり、黒ずみの原因となってしまうのです。そのため、デリケートゾーンの黒ずみが発生しやすい環境にある上に、比較的肌が白くなっている日本人は、デリケートゾーンの黒ずみが発生しやすいと言えるでしょう。

シミもメラニンが原因

年を取るとシミができやすくなるのですが、このシミもメラニン色素の沈着が原因となっています。実際にはデリケートゾーンの黒ずみと全く同じ理由で発生するので、シミ自体には全く害はありません。よく蚊に刺されて強くかいてしまうことで、治ったときにシミが発生するということもあります。これは強い摩擦が原因で発生しているので、デリケートゾーンの黒ずみも同じように、摩擦による原因が最も大きいと言えるでしょう。シミも実は日本人はできやすいと言われています。
しかし、腕や脚に比べて、デリケートゾーンというのは皮膚が薄くてダメージに弱い部分になっているのです。そのため、腕や脚では黒ずみが発生しないような摩擦であっても、デリケートゾーンでは黒ずみが発生してしまうということもよくあるのです。夏場にデリケートゾーンの部分が擦れてしまうことで、黒ずみが発生してしまうということもよくあるでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみを改善する有効的な手段

メラニン色素の沈着によって、すでにデリケートゾーンの黒ずみが発生してしまった場合には、どのような対策ができるのでしょうか。デリケートゾーンの黒ずみが発生した場合には、逆にメラニン色素の生成を止めてあげればよいのです。そうすることで新陳代謝により、黒ずみが発生してしまったデリケートゾーンを、徐々に元の肌に戻してあげることができるのです。ようするにダメージから肌を守る必要がない状態にすれば、ゆっくりと元の肌に戻ります。
そのためには、摩擦を減らすということや、刺激を減らすということも必要になるのですが、潤いを与えて新陳代謝を高めてあげることも重要です。このような作用をもたらしてくれるのがイビサクリームを始めとした美容製品だと言えるでしょう。イビサクリームは医薬部外品なので、誰でも簡単に手に入れることができます。しかも日本で製造販売されているので、デリケートゾーンのような肌が弱くなっている部分にも使用できるのです。
黒ずみを改善できたという体験談も多くなっているので、効果があることは間違いないでしょう。

他にも効果のある美容製品がある

デリケートゾーンの黒ずみを改善できる美容製品として有名なのはイビサクリームです。では、イビサクリーム以外には、デリケートゾーンの黒ずみを改善できる美容製品はないのかというと、決してそのようなことはありません。ホワイトラグジュアリープレミアムという美容製品も、デリケートゾーンの黒ずみを改善できる効果を持っている美容製品です。モンドセレクションを受賞している製品でもあり、有効成分を肌の奥深くにある真皮層にまで届くので、効果が期待できると言えるでしょう。
さらにはピューレパールという美容製品もデリケートゾーンの黒ずみを解消できる力を持った商品です。7つもある有効的な成分が肌に染み渡るので、比較的早く効果が出るとも言われています。その7つの成分というのは、
・プラセンタ
・ビタミンC
・ビタミンE
・グリチルリチン酸
・米ぬかエキス
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
になります。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための知識があれば、どのように予防するのかも分かってくるでしょう。万が一黒くなっても、上記で紹介した美容製品を用いることで、元のきれいな肌に戻すことが可能です。